B型肝炎給付金診断をしてみよう

B型肝炎訴訟の対象者は、「1948年7月1日~1988年1月27日の期間に、集団予防接種で注射器などの連続使用によりB型肝炎ウイルスに感染した人」ですが、実際にはB型肝炎に感染しているかどうか自覚していない人も大勢います。

自力で確認をするには血液検査の必要がありますが、弁護士が行っている「給付金診断」で簡易的に調べることも可能です。

  • 「自分は対象者なのかわからない」
  • 「B型肝炎感染者だけど訴訟方法がわからない」

という方は、まずは問い合わせしてみてください。

⇒B型肝炎給付金診断をしてみる

おすすめB型肝炎訴訟弁護士ランキング

ベリーベスト法律事務所

弁護団に加盟している弁護士事務所ではありませんが、B型肝炎訴訟の実績は非常に多い事務所です。相談から調査、着手してもらうところまで無料で、スムーズに進めてもらうことができました。よくわからない場合には給付金診断チェックをしてもらい、まずは提訴できるのかどうかを調べてもらってください。

弁護士費用 実質負担・給付金額の10%+5万円

公開日:
最終更新日:2018/06/27

私が依頼した弁護士事務所
B型肝炎給付金無料診断中